3月10日(火)

今日は悲喜こもごもの一日でした。公立高校の合格発表の日だったからです。 入学許可候補者のみなさん合格おめでとうございます。また、おしくも合格をのがした皆さん、プラス思考でいきましょう。

運命のいたずら、入試は平等ではないなと思います。本当に努力していた人がつらい結果に終わったりすることもあります。

でも合格できなかったことが必ずしも不運だとはいえません。「負けるが勝ち」「災い転じて福となす」そんなことばが示す通り、かえってそのほうがよかったりすることが多いです。また、この苦味をかみしめたからこそ生まれる強さ。今までの努力は無駄ではなく、自信であり、財産でもあります。「そうじを頑張れる人は進路もうまくいく」長く務めている先生はよくこんなことを言います。ここでの進路とは長い目で見た進路です。地道な努力ができる人が、自己実現を図っていくのです。

3月9日(月)

今日の生徒集会では、給食委員会から箸忘れゼロの表彰などがありました。

また、5限目は1~3年合同の初の式練習がありました。

1・2年生のがんばり、3年生も本気モードにはいってきています。

3月8日

表題の写真は、製造販売を引き受けてくださった「中ばし」の社長近藤さんを囲んでの写真である。

さて、本日は、スイーツプロジェクトのラストを飾る一日だ。川口「キュポラ広場」にて、商品化された「幸福」と「彩の活緑」の販売が、菓子処「中ばし」さんの店で販売された。sillery社の社員、菓子楽研究所の社員は、冷え込みの厳しい中、販売に力を入れた。開始早々、奥ノ木市長がお見えになった。お買い上げいただいた上に、温かいお言葉をかけていただいた。市長は栄光の仲中1期生である。

また、パッケージをデザインしていただき、いつも仲中のことを応援してしていただいている村上先生もお見えになった。SATOMI先生も昨年に引き続き応援に。こうした様々な人に支えられ、生徒も熱心に商品の良さやコンセプトを説明し、お客様に伝えようとしていた。また、遠くからも新聞を見て買いに来たお客様もいらっしゃった。 わずか、2時間20分で、300個用意されていた商品が完売。皆さん、ご協力に感謝申し上げる次第である。

ここに至るまで、斉之平社長さんをはじめ、多くの方々にお世話になったことを忘れてはいけない。 大川教頭のプランと交渉のおかげではあるが、生徒が良い企画をたて、情報発信に努力したことは大いに評価される。学年全体で取り組んだ成果であることを伝えたい。 これからの若者に求められるものは、自分なりの発想や主張を持ち、グループ内で協同して企画を練り、しかも、それを外に向かって発信できる力であると考える。

今日は、Jcomの取材、そして毎日新聞の取材を受けた。

本日は三者連絡協議会ならびにPTA会議が開かれました。熱いPTA活動、いつもありがたいかぎりである。

 

sityou1
奥ノ木市長(仲中1期生)がまっさきにお買い上げ
sityousyuugou
市長を囲んで。熱く見守ってくださっています
murakami
村上先生の笑顔は、今でも生徒の胸に
kyakuhiki
熱心にお客様に説明する社員たち
kannbai
わずか2時間20分で完売。いやー良かった。

 

3月7日

卒業を控えたこの時期、各部活ごとの三送会が開かれます。卓球部では男女合同の三送会が行われました。仲中杯争奪戦で一汗かいた後、1年生が中心になって作成した手作りのサンドイッチをいただきながら、楽しいレク。1年生が考え、司会進行をしてくれました。1・2年生の皆さんの心のこもった会でした。3年生も、部活での頑張りを誇りにして、大きく羽ばたいていってくだい。 jyotakusannsou1
oota1 danntaku1

3月6日

本日は三年生を送る会があった。心のこもった会だった。3年生は喜びと感慨で涙あふれる日となった。
1・2年生の生徒ならびに先生方の努力のたまものである。最高の出来だったのではないでしょうか。
57期、「時にはだらしなかったけど(元会長より)、先輩から引き継ぎ真剣にがんばってきた。
残り少ない日々だが、素晴らしい卒業式になるよう全力をつくしたい。」こんな
57期生に憧れをもってくれる後輩。
このような素晴らしい取り組みができることも大きな誇り。

さあ次は、58期、59期だ。今日のように力を出し切り、全国一を目指していこう。

追記:石井先生、まるで対話のようです。1回目は本当にやりませんでした。「イイダさん立ちましたよ。そして皆で例のヤツやりました。ファンが多いです!村上先生、「日の出」に生徒もびっくり。「さしすせそ」・・さすが、信頼できる、すごい、先生、その通り

3月5日

今日は3年生の学びの集いのゲストとして工藤慎太郎さんをお招きした。工藤さんは川口出身のシンガーソングライターだ。彼の歌やトークから、純真な心の持ち主で、偽りのないあたたかさを持っていることがうかがわれる。歌の道を志した動機、バイトをしながらも夢を追い続けた若いころ、そして、安定を望む親との対立のつらい経験、デビューしてのコンサートでの悲しいエピソード、声がでなくなった時の絶望感とその後の再起など、自らの生きざまを赤裸々に語ってくれた。その中で、歌った「今日も冷たい雨が降る」「シェフ」「手」「Message」などの曲が心をひきつけ、涙している人もいました。
なお、工藤慎太郎さんからの暖かいメッセージがフェイスブックに載っています。是非ご覧ください。
zenntaimanabi

3月4日

今日は3年生の球技大会があった。サッカーやバスケの経験者の活躍はもちろん、他の生徒の活躍にも目を見張るものがあった。仲中らしく、闘志の中にマナーや思いやりがあり、汚いファールもほとんどなく、野次もなく、フェアプレーに全力を注いだ。女子はバスケとドッジボール、男子はサッカー、バスケとも競い合い、体力を使い切った半日であった。

放課後、56期生が学校訪問した。充実した学校生活を語ってくれた。卒業生、いつまでも応援してます。

 
sakka-31 sakka-33 nakanisi basuke13 basuke11 iwasaki

3月3日

本日パソコン部では、今年度初の試みである毎日パソコン入力コンクール全国大会 中学部活WEB大会に参加し、集中して取り組んでいた。たぶん我々大人だとミスタッチで終わるところを難なく終える中学生はすごい。 また、パソコン部では三送会用の動画の編集を委託され、その技能を発揮していた。Video StadioProは多機能だがなかなか取扱いが難解なのだが、すいすいとできてしまうパソコン部生徒の実力はすごい。これからはHPの制作にも取り組んでくれるとのこと。

3月2日

book6090book6091公立高校学力検査。3年生の皆さん、無事終わりましたか。私は予想が外れ、悔しかったです。

公立高校試験問題と模範解答はこちらへ

1・2年生の皆さん。次の問題を見て、どう思いますか?できそうな気がしませんか?
そうです。今やっていることがテストにでるのです。日々の積み重ねが財産になっています。
例えば、1年生の社会では今、地理をやっていると思うのですが、ここらへんの問題はバッチリではないですか。

日々の積み重ね。これを土台にさらに視野が広くなっていくのです。

3月1日(日)

早いもので3月となりました。3年生の皆さん、明日はいよいよ受検ですね。 コンディションはいかがですか。

平常心。リラックスして構え、テストに臨んでください。

写真は、2年生とともに、鎌倉に行った時の写真です。時間が短く残念でしたが、とにかく天気は最高で良かったです。 皆さんのしっかりした班行動は今後の生活に役立つと思います。 なお、学校行事のページにも写真がアップされているので見てください。

続きを読む →