28.3三年生を送る会

2016年3月8日、川口市立仲町中学校の三送会が行われた。まずは、吹奏楽部の演奏。さらに磨きがかかった演奏。アンコール曲に、謎の覆面集団乱入。激しく踊りながらのパフォーマンス。動きの激しさにシャッタースピードも間に合わない。本校の若手芸人(失礼、職員)の登場だ。会場からは笑いとどよめき、歓喜の渦。中川先生ごめんなさい。(いじられてました)。重盛先生のパワー炸裂。

さてその後は1年生による出し物。お茶の間でテレビを見る家族。次々といろいろな番組がでてくる。まずは仲町中の紹介のTVに、運動会の再現シーン。応援に熱狂する三色の集団。こんな燃える学校はありえない。もじもじくんクイズ。3年生の答えてもらうという参加型番組。そして、私は誰でしょうクイズ。今回の正解は安藤先輩と須山先輩でした。カンナムスタイルの激しいダンス。この振りを生徒が作り上げたとは驚き。ミンギョクくん大活躍。そして、合間合間にはいるCM。ライザップやトライをアレンジ。いずれも爆笑の数々。最後はモニタリングで終了。照明や音響、映像にこだわった作品に仕上げられていた。

2年生の出し物は圧巻だ。ミュージカルと言えるだろう。アナと雪の女王。湯本くんの華麗さに見とれる観衆。そして、まるで氷の階段を演出したような人間を立体的に動きながら回る舞台を作り、女王が登っていくという演出。劇団のようだ。雪の妖精たちも綺麗に舞う。思わずあの女子は誰と聞きたくなった丘咲くんなどの演技。中国雑伎団のような立体的な演舞。そして、auの金太郎が登場。動きが途切れずに続く演劇。聖歌隊が替え歌を合唱する中、その清らかな響きにそって、3年間の一場面が回想されていくという素敵なシナリオ。思い出だけでなく、ついには卒業式も演出。何という、心温まる出し物だろう。59期生らしさ、柔らかさや暖かさ、礼儀正しさ、気品がじわじわと伝わってくるような作品に仕上げた。構想だけではなく、相当の練習をつんだことだろう。59の団結力。「跳べ仲中の看板58期生」手のかかる写真での文字。いずれも58期に恩返しがしたいという想いが凝縮されていた。

思い出のスライド、ビデオメッセージでは、若手の先生たちの実力が存分に発揮された。真面目なスライドショーと思いきや、いきなりルパン、次元、ふじこ(自転車に乗っていた)などの登場だ。そして武道場で竹刀を振り回し、紙をこなごなにする剣の達人シゲモリの技に息を呑む。昨年度にも増し時間をかけた凝った演出に場内騒然。1年生からの回想のシーン。全員の個人写真が映し出された。遠足や夢ワーク、鎌倉、水上、運動会、修学旅行、音楽祭と思い出の場面のスライドショー。笑いと涙ありの心憎い演出。半村Tの想いが込められていた。圧巻は、お世話になった先生方の登場だ。1年時の担任大西先生、伊藤先生、新井先生、阿部先生、堀先生、村上校長先生など次々に登場し、3年間の年月に想いをめぐらせた。

プレゼントの贈呈では、1・2年生が心を込めて作った作品を先輩へ手渡し、贈呈。

そして、最後は3年生の合唱。かねてより歌のうまい学年。でも今日この1日に向けての積み重ねの練習は知る人ぞ知る。受験勉強と併行し、この練習を重ねてきたことじたいがすごいのに、それを口外しない。「あなたへ」を情感こめて歌い上げた。

先生の出し物では、「サライ」の曲に合わせて、3年職員が想いを語る。58期生と共に歩めて良かった。仲中で良かった。など様々な思いが込められている。原田先生は後ろ姿で語る。いつも重みがある。

 

会場の飾り付け、細かい所にも、実行委員・スタッフのこだわりがある。THANK YOUの文字も写真でできている。くす玉が割れずに苦心したが、これも演出。

美術工芸部による作品の完成披露。何と気品のある優雅な作品だろう。「百花繚藍」(秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績が一時期にたくさん現れること?)。何気なく見ているが相変わらず美術工芸部の作品はレベルが高い。藍色(あいいろ)を基調に見事なグラデュエーション。

様々な在校生の思い、一人一人の参加と、その力の結集。58期生も引き継いできた伝統を、引き継いでいく最高の生徒会行事。

58期生の皆さん。まもなくの卒業おめでとうございます。58期生の後ろ姿を見て、後輩は育ってきました。本当にありがとうございました。皆さんも「百花繚藍」、自分らしく輝く花となり、個性を伸ばし、ご活躍ください。
59seikatai

59syuugou
SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-48-5_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-44-28_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-48-23_No-00

59yakusya
SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-51-46_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-50-19_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-50-50_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-52-41_No-00

 

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-53-14_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-54-9_No-00
kannnamu3

kannnamu4

kannnamu5

60cm1

60kiuta

otyanoma

60kannnamu1

kannnamu2

60kuizu
60nyu1

60nyu2

60nyu3

kawakami

mojimoji

mojimoji2

60kuizu2

anndou

60otya259ana1

59ana2

59ana3

59ana6

59seikatai

60kinn1

59kinn3

59kinn4

59kinn6

58kinn7

59kinn8

59kinn9

59zenn1

59utazenn58sennsei

58anatahe2

harada

konndou

hanamiti

sennsei

sennsei2

hogosya

kusano
SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-32-25_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-34-3_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-35-34_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-57-47_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_21-58-50_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_22-2-8_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_22-7-0_No-00

SnapCrab_NoName_2016-3-9_22-7-31_No-00
hyakkasourann1
1年生合唱 

2年生合唱