本校の教育活動の特色          仲町中学校グランドデザインkannsya

◎生徒と先生の仲が良い学校

  • 規律を重んじ、自主的と思いやりの心をもって行動できる誇れる生徒たち。
  • 先生も、生徒一人一人をやさしく時にはきびしく育て、そこに生まれる絆と信頼。
  • 語り継がれてきた伝統を守り、暖かな雰囲気に包まれている。
  • 小規模校なので、職員がほぼ全校生徒のことを知っている。

◎開かれた学校づくり

  • 開かれた学校づくり—-毎月、初めの1週間は学校公開を実施。いつでも見学可能。
  • 土曜授業では道徳、特活、総合の授業なども公開。
  • 気軽に教育相談できる相談室経営。

◎地域との連携—-地域の方々に支えられ愛される学校づくり  地域連携の取組(PDF)

  • 地域の活動に中学生が積極的に参加—-西川口B級グルメ大会、西川口地区運動会、小学校のまつり、日光御成道まつり、清掃ボランティアなど
  • 美化委員会主体の地域清掃ボランティア—-登校時に全員が通学路に落ちているゴミを拾いながら登校。
  • 年2回地域集中清掃を実施—-特別活動の時間にタバコの吸い殻、空き缶、ペットボトル等のごみを地域から一掃する活動。
  • 学校応援団さんのゲストティーチャーなどでの活躍—–各教科、行事で快く引き受けてくださる学校応援団のみなさん。
  • 平成23年度~24年度は家庭・地域が一体となった学校の活性化~「学校・家庭・地域の絆とグレートバリアフリー」~構想の委嘱研究実施
  • 国際交流フェスティバル「ロックソーラン」に数十名の選抜男女が参加。(YOUTUBEをご覧ください)地域のNPOとの連携
  • 三者連絡協議会—-学校評議員、民生委員、町会長との情報交換と協力体制。
  • 毎月の資源回収(段ボール、古紙回収)では、多くの生徒や保護者などが参加、協力。学校外も1時間以上かけて回収。教育活動の資金に。

◎あいさつが飛び交う学校

  • 毎朝、生活委員や生徒会本部役員などがあいさつ運動を校門にて実施。
  • 廊下ですれ違った生徒同士が自然にあいさつを交わす。
  • 「おめでとう」が言える温かい雰囲気がある。

◎3つの「ノー」

  • ノーチャイム—–時間を見て行動できる生徒の育成。テスト以外は、チャイムがない。下校時には放送が入るが、部長会の当番が校門でチェック。違反する部員はほとんどいない。
  • 無言清掃—-清掃ができる生徒が本校の自慢。清掃に集中するため、仲間とも話さず、無言清掃を目標に取り組む。
  • 無人スタンド—-生徒会が運営。今まで大きなトラブルなし。信頼のもとに売店を運営。主に文房具、校章などを扱う。

◎学力向上への取り組み—-学習ページ参照

◎ホームページでの情報発信—-毎日の更新を目標にしている。遠方からのアクセスもあり。

◎PTAの強力なサポート—–PTAの自立した活動。しっかりした協力が生徒、教職員を支えている。

  • バザー、模擬店などの実施
  • 資源回収、PTA会議
  • 月二回の地域巡回—–各クラスごとで保護者、教員で夜の地域を1時間ほど巡回。
  • 正月の「お汁粉振る舞い」等

◎活発な生徒会活動—-生徒会のページ参照

◎やさしさあふれる特別支援学級との交流---各学校行事、全校集会、学年集会、総合学習などは共に取り組みます。このほか交流給食なども行います。人通りの多いところに特支の教室があり、休み時間も触れあいがあります。また特支の生徒たちから沢山のことを学びます。

 

心を育み、絆を深める沢山の学校行事(写生会、仲中フェスティバル他)

※しかし、言うことをきかないので、仲中に入れれば大丈夫というのは誤りです。

sigennkaisyuu

生徒とPTAが一体になって取り組む資源回収

tiikihodou

地域巡回(PTAと先生)

tiikiseisou

地域清掃ボランティア

baza- unndoukai1 toireseisou sigennkaisyuu1 bgurume???????????????????????????????so-rann1 sityou11 seisou58 onngakusai nisikawagutiy mujinnsutanndo mattya koumonnp kouka12 kouka11 aisatuunndou syouseikai11 syaseikai